• ホーム
  • 紫外線はシミや肝斑の天敵!すぐやった方が良い対策は?

紫外線はシミや肝斑の天敵!すぐやった方が良い対策は?

2020年02月29日

シミはお肌の老化現象でもありますし、見た目も老けてしまいます。もちろん出来てしまうことで自分でも気になりますし、若い時と同じお手入れをしていたり、何も対策をしていなければどんどん増えてきてしまうことになります。

まずはシミが出来る原因を知ったうえで、その対策を行っていきましょう。紫外線を浴びることで、お肌のメラノサイトが刺激され、有害な物質だと判断した身体からはその防御反応としてメラニン色素が分泌されます。メラニン色素はターンオーバーというお肌の新陳代謝の肌サイクルによって、角質と共にはがれていきます。しかしターンオーバーの働きは加齢やホルモンバランスやストレスによって乱れてくることがあります。正常に行われなくなると、メラニン色素が蓄積されてシミとなって現れてきてしまうのです。

シミの一種でもある肝斑も、紫外線からの影響も原因となっていますので、対紫外線対策を行うことから始めていきましょう。まずは日焼け止めを使うことです。日焼け止めを使えば紫外線をカットしてくれますし、メラニン色素の分泌も抑えられます。夏場だけつけている方もいますが、紫外線は1年を通して出ている物ですので、出来れば通年での使用が理想です。身体や顔など部分で使い分けできるものもありますし、最近ではメイク下地などにもSPF表示されている物も出ていますので、上手く使っていきます。

外出時にお勧めのグッズは、帽子やサングラス、また日傘です。物理的に紫外線からガードしてくれます。サングラスはまぶしくなければしなくても良いかというと、実は目で紫外線を浴びることで身体全体が防御反応を起こしてメラニン色素を分泌させてしまいますので、目を守るだけではなく美肌にも通じるものがあるので、外出時にはぜひ使ってください。日焼け止めだけではなく、身に着けるグッズも併用する事で相乗効果も有ります。

肝斑やシミは美白化粧水を使うことで、メラニン色素の分泌量を抑える事が出来ますので、予防効果はあります。しかしドラッグストアなどで市販されている美白化粧水には、シミを薄くしたり消したりといった事が出来る成分は配合されていないことがほとんどです。そのため出来てしまった場合にはそれ相応の治し方がありますので参考にしてください。

シミの治し方ですが、美容外科や美容皮膚科で行うレーザーやフラッシュ、また肝斑であれば市販されている医薬品を使ったり、ハイドロキノンやトレチノインの併用がおすすめです。

関連記事
まつげが少ない?もしかして「まつげ貧毛症」かもしれません 2020年06月20日

自分のまつげをみた時に、本数が少ない、短い、細いと言った事を感じているのであれば、まつげ貧毛症かもしれません。こういった状態になる原因は、アイメイクによるダメージが影響している場合も多いですが、加齢や皮膚疾患、また抗がん剤治療の副作用なども考えられます。貧毛症でまつげが少ない、細い、短い状況をどうに

2020年06月20日
まつ毛にダメージの多いアイメイクはなるべく控えましょう! 2020年05月13日

長くふさふさのまつげ欧米人のようなまつげに魅せるには、まつ育をすることが大事です。毛髪と同様で育毛剤を使ったりマッサージをすることで丈夫で長いまつげにすることが出来ます。しかし普段のアイメイクで負担やダメージを与えてしまっている場合には、その効果も半減してしまいますし、逆に切れたり抜けたりと言ったデ

2020年05月13日
まつげを伸ばすためのツボ・マッサージ方法とは? 2020年04月04日

まつげ一つで見た目の第一印象も大きく変わってきますし、綺麗だったり美人、また可愛いと言った印象にすることもできます。もちろんマツエクやつけま、ビューラーとマスカラの併用をすればふさふさで長いまつげにすることは出来ますが、これらの方法は皆負担を掛けたりダメージを与えてしまうことになります。男性からも実

2020年04月04日
まつげ育毛剤の定番!ルミガンとケアプロストをご紹介します 2019年10月09日

日本の美容外科や皮膚科、また眼科などで処方してもらう事が出来る代表的な育毛剤はルミガンです。まつ毛育毛剤のルミガンは元々は、緑内障治療や高眼圧症治療で使われていた点眼薬です。有効成分のビマトプロストで、高くなり過ぎた眼圧を下げるという目的で使われていました。しかし、緑内障治療や高眼圧症の治療で使って

2019年10月09日
化粧水の選び方!成分や効果を解説! 2020年01月25日

美肌のためには、毎日のスキンケアも重要になってきます。エステサロンに通ってスペシャルなコースを受けることでのメリットは大きいですが、毎日通えるわけではありませんし最終的にはどんなスキンケアを自宅で行うかという方がポイントが高いです。そこで毎日使う基礎化粧品の選び方を考えてみましょう。まずは化粧水を使

2020年01月25日
ニキビは早期治療が大事!間違った対処は逆効果に繋がります 2019年12月30日

様々な肌トラブルの中でも、思春期頃から悩んでいる方が多いのがニキビです。原因を見たときに基本的には若い時に出来るニキビは、過剰な皮脂分泌が影響している事が多いです。毛穴が開いていると、汚れが蓄積されたりしますし、さらにその汚れが詰まってきた時にその過剰な皮脂分泌の影響もあってアクネ菌という物が発生し

2019年12月30日
まつげ育毛と併せて美肌も手に入れよう 2019年11月25日

まつげ育毛によって、ぱっちりした目に魅せられますし、見た目の印象を大きく変える事が出来ます。第一印象のポイントとしても大きいまつげは、まつげ美容液でハリコシを与えたり、育毛剤を使って成長を促してあげる事が効果的です。それと並行していきたいのが美肌のためのケアです。お肌が綺麗な女性は、異性からはもちろ

2019年11月25日
メラケアForteクリームは、有効成分「トレチノイン」と「ハイドロキノン」の同時配合! 2019年12月11日

美白は美肌の条件でもありますし、シミの無い透明感のあるお肌にしていきたいものです。そこで多くの方が使っている美白化粧品ですが、これはあくまでもシミの予防です。アルブチンやハトムギエキス、ビタミンC誘導体と言った有効成分によってシミの原因にもなるメラニン色素の分泌量を抑える事は出来ます。しかし出来てし

2019年12月11日
まつげ育毛剤を繰り返す使うなら個人輸入サイトを利用するのも便利! 2019年11月07日

ドラッグストアや薬局ではまつげ美容液というものは市販されていますが、まつげ育毛剤と仮に記載があったとしても細かい分類では化粧品です。まつげにハリやコシを与えるような保湿成分や肌を整える成分は配合されてはいますが、育毛剤としての効果は期待出来ません。根本的にまつげを増毛して長さを出したい場合には、まつ

2019年11月07日
ルミガンとケアプロストにはどんな副作用がある? 2019年10月20日

どんな医薬品にも必ずと言ってよいほど副作用があります。重篤な内容でなければそこまで気にすることは有りませんが、あらかじめリスクについても知ったうえで使用をするべきです。まつげ育毛剤で使われているルミガンとケアプロストは、ビマトプロストを中心とした成分で同様の効果が得られますので副作用に関しても同様で

2019年10月20日