人は誰でも何かしらのコンプレックスを持っているものです。特に第一印象にも大きな影響が目に関しては、まつげが少なかったり短かったりしてコンプレックスを持つ方も多いです。見た目の印象一つでその後の人間関係が変わってくることも有りますし、事実可愛くて綺麗な女性はモテるのです。目の印象を変えるためにも、今から自まつげのまつ育をして自信の持てる理想的なまつげにしていきましょう。まつ育のためには専用の育毛剤が便利です。

まつ毛による人の印象

第一印象は、会ってから5秒程度で決まると言われています。そこで一番目立つ顔のパーツに目がありますが、綺麗や可愛いと言った印象はまつげも大きく影響します。長くてボリュームがあり密度も高ければ好印象になる事が多いです。それは世界的にも定義になっている部分があるためです。もちろん好みによっても異なるケースが出てきますが、多くの場合には欧米人のようなふさふさな状態は好まれます。

まつげがふさふさで長ければ、目が大きく見えます。目がぱっちりとして見えるというのもポイントで、目を大きく見せるためのメイクにもまつげメイクは欠かせません。日本人の場合、欧米人と比べると長さも濃さもボリュームも少ない傾向です。これは生活している環境であったり、人種的な遺伝も関係しています。そのため日本人の方がふさふさの長いまつげにするためには、ある程度の努力も必要です。

ぱっちりした目にするためには、根本的な方法として美容整形で二重手術を受けると言った方法も挙げられますが、費用も掛かりますしリスクもあります。またもっと手軽な方法ということであれば、マツエクやつけま、マスカラとビューラーを使うといったメイク方法も有るでしょう。しかしこれらの方法はどれもまつ毛に負担を掛けたりダメージを与えている方法です。そのため自まつげはどんどん少なく短くなってしまうというデメリットも生じます。

女性の間ではマツエクやつけまをすることで、可愛くて綺麗と言った印象を持つ傾向があります。しかし単に盛ればモテるのかというと、男性からは意外と不評の面もあり、自まつげでナチュラルなメイクの方が好まれるということも一理あるのでそれは頭に入れておいた方が良いでしょう。

モテるということを中心に異性を意識して考えるのであれば、盛られた状態よりも自まつげをまつ育して長く濃くボリュームのある状態に仕上げるのがベストです。ナチュラルメイクは印象も良くなりますが、それでもまつ毛はしっかりと有る方が目もぱっちりとして見えますし、より綺麗に見えるでしょう。それを考えた時に、やはりまつ育のために出来る事は今から始めていく事をおすすめします。色々な方法がありますのでまずは方法を知る事からです。

まつ毛育毛剤とはどんなもの?

まつ育をするときに、まず思い浮かぶのがドラッグストアに並んでいるまつげ美容液という方は多いのではないでしょうか。このまつげ美容液は化粧品の部類になり、医薬品ではありませんので手軽に誰でも購入することが出来ます。

ちなみに目的はまつげにハリやコシを与えて丈夫にしていくということが挙げられます。マツエクやつけま、またマスカラやビューラーを毎日使っていると、髪の毛同様にキューティクルもダメージを受けますし、抜けやすく短くなったりと言ったデメリットも生じます。マツエクサロンなどでも勧められる事も多いまつげ美容液は、保湿成分や肌を整える成分が配合されていますのでまつげ自体には良い効果が有りますが育毛という点では効果はあまり期待出来ません。

そこでもっと根本的にまつ育をしたいのであれば、まつげ育毛剤がおすすめです。育毛剤は最終的にはハリもコシも出てきますが、それよりも成長の部分に作用させることが出来るため、長く密度の濃い状態にすることが出来ます。

まつ毛にも毛髪やほかの体毛同様に毛周期というものがあります。成長初期から始まり成長期や休止期、また退行期などがありますが育毛剤では成長期を延長させることが出来るのでどんどんふさふさになっていきます。ちなみに毛髪の毛周期は6~7年と言われていますが、まつ毛の場合は4か月~5か月ほどです。生え方も上に向かって生えていく事もありますし、周期がこの長さであるため目に入らないのも納得できるでしょう。

まつ育のために使う育毛剤は、日本では基本的には美容外科や眼科、皮膚科などで診察を受けて処方してもらうことになります。医薬品の中でもドラッグストアなどでは取り扱う事が出来ない種類です。

ちなみに成長期の延長が出来る有効成分として配合されているのはビマトプロストです。この成分は本来は緑内障や高眼圧症の治療で使用されていた薬に配合されていましたが、その患者さんからまつげに増毛が起きたという副作用が出てきたため、今ではまつ毛用の育毛剤でも使われるようになったという背景があります。

処方薬ではありますが、個人輸入によって取り寄せる事も出来ますし、多くの方が効果を感じていますので試してみる価値はあるでしょう。